しっかりリフォーム

工事費が安価になったことで

築30年を過ぎた家は、リフォームをしてももったいないと考えるのが当たり前とされていました。しかし、現在では建て替えよりもリフォームをして、長く家を持たせようと言う動きがあります。建て替えよりもエコであり、財布にも優しくて得なのでリフォーム派が増えました。テレビ番組でもリフォーム関連のことがよく放送されるようになり、昔と比べるとかなり身近になってきています。少し前までは、工事費が高い傾向がありましたが、今ではかなり安価になりました。それでいて、技術はどんどん進化しているので、比較的安価で新築並みの家にリフォームすることが可能になっているのです。また、DIYならより安価に家を新しくすることができます。

300万円の予算でできること

リフォームを考えたとき、いくらの予算でどこまでできるかが気になるでしょう。あくまで目安ですが、300万円の予算なら全面リフォームは難しいです。しかし、場所を限定した部分リフォームなら予算内で収まります。たとえば水回りのリフォームをする場合、ユニットバスとシステムキッチンの本体を60万円から100万円の間で購入します。これに配管や設置などの工事費用を加算していくと、300万円位の見積もりになることがほとんどです。水回りのリフォームに300万円かかると言うのは、当たり前と考えられていて、この価格が相場と言われています。水回りは他の場所と比べて劣化しやすいので、水回りから新しくした方がいいでしょう。